忍者ブログ
[26] [25] [21] [27] [24] [14] [4] [1] [5] [3] [2]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


手・足・腰診療スキルアップ手・足・腰診療スキルアップ
仲田 和正
シービーアール 刊
発売日 2004-07



わかりやすい 2005-11-03
手足腰と整形外科領域のことが非常にわかりやすいシェーマでかかれている。脱臼とかはいろんな治し方があるが、たくさんは載ってないが必要最低限は掲載されている。
初心者向け!

 医者ならば誰でも旅行先で、家族・友人が怪我をしたときに頼りにされて困ってしまったことがあるであろう。内科系の医者にとっては、かなりのベテラン医でも、整形外科的疾患の処置は苦手に思うものである。しかしながら、一般人は「医者ならば誰でも、捻挫や骨折の処置くらい簡単なハズ!」という期待でいっぱいである。この本は、整形外科のエキスパートである仲田先生が、そんな皆さんの為に執筆してくれた傑作である。内科医にして、整形外科的疾患も診られれば、まさに「鬼に金棒」である。有名な話であるが、仲田先生は医学生時代に、すでに「ハリソン内科学書」を原書で完読し、卒業後も整形外科医にして、例えば胸部レントゲン・CTの医学書を30冊も読破したという、オールマイティな臨床医学の鉄人である。内科系・外科系、どちらも診られるオールマイティな「スーパードクター」を目指す先生方には、外科系からの代表書として、この仲田先生の御著書を、内科系からの代表書としては、売上ランキングでいつも1位になっている「ハーバード式診断テクニック(亀山元帥著)」と、ちょっと古いが、「臨床医の知恵(鈴木厚著)」の2冊をお薦めする。この3冊を読んでおけば、今どき珍しい、内科系・外科系どちらにも強い「オールマイティなスーパードクター」として、同僚医師から若い看護婦たちに至るまで、尊敬と憧れの眼差しで見られてしまうこと確実である。3冊とも、短時間で読めてしまえるように、ムダな記述を一切、省いてあるので、その点でもお薦めである。内科系・外科系にかかわらず、オールマイティなスーパードクターを目指す全ての先生方に自信を持ってお薦めします!

さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
忍者ブログ [PR]