忍者ブログ
[4] [1] [5] [3] [2] [150] [6] [9] [10] [8] [11]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ちょい太でだいじょうぶ―メタボリックシンドロームにならないコツちょい太でだいじょうぶ―メタボリックシンドロームにならないコツ
鎌田 實
集英社 刊
発売日 2006-09



ちょいコレでだいじょうぶ 2007-01-21
 最近人間ドックで、総コレステロール、特にLDL(悪玉)コレステロールが高いとの指摘を受けて、ショックを受け、市販薬を飲んだり、魚料理を食べる回数を増やしたり、大好きな卵かけご飯をやめたり、休日には長距離の散歩をするなど気をつけるようにしている。

 そんな中で読んだのがこの本である。



 正直言って安心した。

 もちろん、日本食や運動を進めてはいるのであるが、表題のとおり少し太めの方が死亡率が低いし、総コレステロ−ル220と言う数字自体根拠がなく、むしろ240〜260あたりがガンの発生率も低く脳梗塞や心筋梗塞にもなりにくいんだとか。

 むしろ、コレステロールの高めの人に動物性脂肪を減らして植物性脂肪に変えるよう「食事指導する」ことが、もっとも死亡率を高めたという統計データがあるという。



 今までやめていた大好きな卵かけご飯をまた食べることにして、無理せずに、適度な食事と適度な運動、適度な睡眠を心がけよう。




さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
忍者ブログ [PR]