忍者ブログ
[4] [1] [5] [3] [2] [152] [6] [9] [10] [8] [11]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


図解でよくわかるメタボリックシンドローム 内臓脂肪症候群図解でよくわかるメタボリックシンドローム 内臓脂肪症候群
和田 高士
保健同人社 刊
発売日 2006-11



2006年 流行語大賞 2006-12-02
 「メタボリックシンドローム(メタボ)」が今年の流行語大賞のトップ10に選ばれたそうである。

ここまで一般的になっているとは思わなかった。メタボなんて略語は初めて知った(少なくとも私の周りの医者は使わない)。



 で、この本であるが、私は医師として、一般の方(患者さん)への説明などに、このような一般書を参考にしている。



 メタボリック症候群と言われたけど、それって何? どうしたいいの?という方には参考になる思う。

 内容は、オーソドックス。一般の方が読む上で、ほどよいレベルと思う。他の類似の本と読み比べたわけではないが、おすすめできる本である。

 ただし、メタボリック症候群に関する医学的な論争など(定義の妥当性など)については、全く触れられていないのは、一般の読者に混乱をもたらすことになると判断したのか、全く触れられていない。



 本の前半は、メタボリック症候群についての説明、後半は、高血圧、糖尿病、高脂血症など、関連した病態についての説明がなされている。

もちろん、減量に関しても述べられているが、これに関しては、「肥満脱出大作戦ー板東 浩著」のほうが詳しいので、私としては、そちらのほうがおすすめ。






さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
忍者ブログ [PR]